So-net無料ブログ作成

愛原実花 退団後 [芸能]






2010年、父であるつかこうへい氏の死の直後に宝塚を退団した愛原実花

退団後に待っていた愛原実花の人生は・・・・・・






偉大なる演出家つかこうへいを父を持っている娘の宿命か

芝居のセンスもあり、良く通る声で定評のあった愛原実花だが

若くしてトップの座に就くと、〝親の七光〟というお決まりの妬み声にさらされることになる



そのせいか、いつもきっちり過ぎる演技で余裕と言うか遊びの部分がなく、

なにか弾けることのないままあっさりと退団してしまった愛原実花



そして、皮肉なことに「さよなら公演」の最中に父・つかこうへいが亡くなるという不幸に見舞われている



その後、舞台女優として活躍の場を求めるが・・・・・・




宝塚退団、そして父の死から約1年後

愛原実花は舞台「好色一代男」で女優として再デビューを果たす



しかし、そこで待っていたのが共演者・片岡愛之助


あの複雑な女性遍歴を持つ片岡愛之助


いろいろとめんどくさい梨園のスター・片岡愛之助だった



片岡愛之助といえば、梨園ではお馴染みの〝隠し子〟騒動でも有名だ

中学生くらいになる息子さんがいるようだが、認知はしていないらしい



その片岡愛之助

同じく〝隠し子〟騒動で話題となった(いや、それだけにはとどまらないが)あの市川海老蔵の元カノ・佐藤江梨子との熱愛も話題となった





ところが、その佐藤江梨子と交際中であった片岡愛之助

「好色一代男」で共演した愛原実花に早速手を出し、

わずか2週間の舞台公演中に片岡愛之助と愛原実花は交際に発展したらしい


つまりは、片岡愛之助、サトリエと愛原実花を二股に欠け、結局は愛原実花を選んだことになる


それしにても、元宝塚のトップにまで登りつめた愛原実花

どうしてそんなややこしい男に捕まったのだろうか?

父の死で深い悲しみに暮れていた時、そのぽっかり空いた穴にスッと入ってきたのが片岡愛之助、ということか



しかし、片岡愛之助と愛原実花の熱愛発覚からわずか4ヶ月後には二人は〝破局〟を迎えることになる

父の死で負った深い悲しみを癒してくれるどころか、これでは傷口に塩を塗るようなものだろう


さっさと、そんな男は忘れて、新たな恋を・・・・・・

と思いきや



今日、歌舞伎鑑賞教室「毛抜」の制作発表会見にて、片岡愛之助が愛原実花との復縁を発表した


「破局を乗り越えました。(結婚は)まだ意識していない。自然の流れに任せる」

ということだが・・・・・



草葉の陰で、つかこうへいはどんな思いで娘を見守っていることだろうか・・・・・







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました